ベルトスリング スリングベルト

サイトマップ

ベルトスリング JIS規格の等級と荷重表

ベルトスリング JIS規格の等級と荷重表

JIS(日本工業規格)とは工業標準化法に基づき制定された国家規格であり、安全性および信頼性を高めるために統一規格化された物を指します。JISマークが表記されている商品は、定められた規格に適合した品質であることを表しています。

ベルトスリングにおけるJIS規格は1~4等級まで存在し(2016年9月現在)、同じベルト幅でも等級が高い程、最大使用荷重が大きくなります。これは、「等級が高い程品質が良い」というわけではなく、「○等級のベルトスリングで〇○kgの重量物を吊り上げられる」という目安になります。以前までのベルトスリングJIS規格は1~3等級となっていましたが、製造技術の向上に伴い近年4等級が追加されました。

両端アイ型の最大使用荷重 JIS B 8818

最大使用荷重(t)
1等級2等級3等級4等級



25mm0.50.630.81
35mm0.811.251.6
50mm11.251.62
75mm1.622.53.2
100mm22.53.24
150mm3.2456.3
200mm456.38
250mm56.3810
300mm6.381012.5

エンドレス型の最大使用荷重 JIS B 8818

最大使用荷重(t)
1等級2等級3等級4等級



25mm11.251.62
35mm1.622.53.2
50mm22.253.24
75mm3.2456.3
100mm456.38
150mm6.381012.5
200mm81012.516
250mm1012.51620
300mm12.5162025

危険を伴う作業だからこそ国産JIS規格品をオススメします

玉掛け作業は死亡事故にも繋がる非常に危険な作業です。そのため、当サイトでは安心安全のため国産JIS規格のベルトスリングの使用をオススメしております。

国産・JIS規格のスリングベルトを市場最安値にて販売中!是非ご利用ください!

吊荷資材 スリングベルト ベルトスリング 販売 通販

ポリエステルスリング

ナイロンスリング

ソフトスリング

化学薬品用スリング

ロープスリング

金具付ベルトスリング

保護パット・コーナーパット

関連記事

その他

ページのトップへ戻る